子どもにスマホゲームをやらせないほうがいい理由

上手に付き合えば大丈夫?子供とスマホゲームの関係

スマホゲームはデメリットがいっぱい?

電話・ネット機能だけでは無く、ネットを使ってアプリを落として多くの情報が得られるスマホは、私達の生活に無くてはならないものになりました。近年ではスマホを持つ方の低年齢化も指摘されていて、良くも悪くも影響を与えると言われています。
ちなみにスマホを使う際にどんな事をしているのかアンケートを取ったところ、大半の方がゲームをしている様です。アプリストアからダウンロードするので、プレイしたいと思った時に利用出来るのもゲームがシェアを伸ばす理由になります。
ゲームのジャンルも幅広く、短い時間で出来るパズルやアクションはもちろんの事、シミュレーションやロールプレイングなど星の数だけあるといっても良いです。有料アプリもありますが、ゲーム自体は無料でアプリ内課金が出来るタイプもあり、ゲームにハマったところで課金をしたくなる要素を含んでいます。
そんなスマホゲームですが、息抜きや暇つぶしでプレイするのは良いですが中には生活のほとんどの時間をスマホゲームに費やしてしまう方もいます。お小遣いや給与をスマホゲームに使ってしまうので、それ以外の事が出来なくなったり多くの問題を引き起こしたりしてしまいます。
今回はお子さんにスマホゲームをさせる場合の注意点や、のめりこませない為には何が必要なのかにスポットを当てています。少し影響があるといって一切禁止してしまうと、そこからゆがんでしまう可能性もありますので、上手に付き合っていく方法を公開しています。

スマホゲームってどんなもの?

ネットに繋がっていればいつでも出来るスマホゲームは、無料のものが数多くあるのでいつまで遊んでも飽きません。 大人でもハマってしまう方も多いのにお子さんに与えるのはデメリットでしかないのです。ここではスマホゲーム与えるデメリットに特化しています。

親と子とスマホゲームの関係

スマホゲームをさせたくない親御さんに、やりたいお子さん。双方が納得する解決策は難しいですが、お互いが譲歩したりルールを決めたりする事で上手に付き合えるのも事実です。 すぐに取り上げたりするのではなく、まずは話し合ったりルールを取り決める事から始めましょう。

禁止方法を間違えれば親子関係にヒビが?

親御さんとしてはたかがゲームとしか思いませんが、お子さんにとってはとても大切なものかも知れません。 警告も無しにゲームを削除してしまったり、壊してしまったりする事はお子さんからの信頼関係を無くし、親子関係にヒビが入ってしまう可能性もあります。